自分に合った方法で看護師求人を見つけましょう!

夜勤専従看護師~看護師の様々な仕事の探し方~

転職をするためには、当たり前ですが、転職先を探さなければいけません。看護師として転職を成功させるには探し方はとても大事です。今回は看護師の求人の探し方をご紹介したいと思います。

仕事の探し方を大きく分けると、自分の手で探す、知り合いから紹介してもらう、転職サイトを利用する、こんな感じになると思います。1つずつ説明をしていきます。

まず、自分の手で仕事を探す方法。誰もが一度を試みる手段でしょう。自分で探せば、じっくりと求人案件を確認する事ができるので、自分の納得のいく仕事を見つける事ができるでしょう。

しかし、大変時間がかかるため、仕事をしながらだとなかなか思うように転職活動を進められない事もあるのではないでしょうか。また、自分の手で集められる情報はあまり多くありません。看護師夜勤求人について有益な情報を集める事は難しいでしょう。

次に、知り合いからの紹介から転職先を決定する方法ですが、知り合いから転職先の実際の職場の様子などの情報も得る事ができるため、自分で仕事を探すよりも濃い情報を集められるでしょう。
公益社団法人 佐賀県看護協会

もちろん信憑性の高い情報ですので、もし本当に納得できる職場が紹介されれば、そこを転職先に選択するのも良いでしょう。

ですが、知り合い伝手からの就職の場合、要注意すべき点があります。たとえば、紹介された職場で、もしあなたが何か問題を引き起こしてしまった場合、「その職場を紹介してくれた人にまで迷惑がかかる」という事です。

せっかくあなたを信用して紹介してくれたのですから、その恩を仇で返すような事はしてはいけません。逆に、その意識が大きく働いて、その職場では自分の言いたい事も言えなくなってしまい、それが結果的にストレスになる事もあるでしょう。

最後に転職サイトを利用する方法ですが、この方法は情報を集めるにもサイトが有益な情報を提供してくれますし、雇用主とか様々なやりとりもサイトのコンサルタントが引き受けてくれます。そのため、時間を大きく削減する事ができ、仕事をしながらでも、容易に転職活動を進める事ができるでしょう。

その他にも様々なサポートが行われているので、あなたの転職活動の大きな助けになるはずです。 看護師専門の転職サイトを活用し、仕事を探し出す方法が一番おすすめではありますが、 状況により、他の選択肢の方がいい結果に導かれるケースもあると思います。

仕事をしながら転職先を探す場合がほとんどですので、時間的に大変ですが、しっかりと考えて転職先を探すのが賢明です。

転職支援サイトのコンサルタントによるサポート

転職支援サイトといえば無料で利用することができるサービスなのですが、無料とは思えないようなサービスをたくさん受けることができます。 その中でも嬉しいサービスが、コンサルタントによるサポートが受けられるということ。

一人一人担当がつくので、相談をしながら転職先を探すことができます。 転職支援サイトのコンサルタントはそれまでにも様々な看護師の転職をお手伝いしているわけなので、看護師が職場に何を望むのか、求人先にどのようにアプローチをすれば採用してもらえるのかなどの細かい情報を持っているわけです。

転職に関するプロとも言うことができるので、個人で転職活動をするよりも転職の成功率が上がると言えるでしょう。

それに、自分一人で転職活動をすると、実際に働き始めてからの様子が想像できなかったりしますよね。コンサルタントはたくさんの方の転職をお手伝いしてきているだけでなく、各職場の様子なども理解しているわけなので、働き始めてからのことも含めて相談することができます。

また、自分自身ではどれくらいの条件を設定すればいいか分からず、多分ここなら採用してもらえるだろうとランクを下げて応募してしまうことがあるかもしれません。

コンサルタントに相談をすると実力に合った求人先を選んでもらうことができるので、より好条件でありながら採用される可能性が高い職場を探すことができるのです。

コンサルタントがサポートしてくれるのは職探しだけではありません。 採用されやすい履歴書の書き方を教えてもらえたり、給与や労働条件に関する交渉を代行してもらうこともできるのです。

他にも面接に同行してもらってサポートしてもらえたり、面接に関する注意点なども教えてもらうことができます。

個人で転職活動をしているという方も多いですが、自分一人ではどうしても入手できないような情報をコンサルタントはたくさん持っています。これまで個人で転職活動をしていたけれど理想的な職場が見つからずにいるという方も、転職支援サイトを利用してみてはどうでしょうか。

求人先に電話で質問する方法

気になる求人情報を見つけたとしても、すぐに応募するのはためらってしまう方もいるはず。 例えば、気になることがある場合、できれば事前に問い合わせをしておきたいですよね。

ですが、電話で問い合わせをするにしてもどのように電話をすればいいのか悩んでしまう人もいるはずです。そういった人のために、正しい電話での問い合わせ方法について理解しておきましょう。

基本として頭に入れておきたいのが、電話をする時間に関すること。 日中であればいつでもいいのでは?と思ってしまう人もいるかもしれませんが、電話をかける時間として始業直後は避けたほうがいいでしょう。

というのも、求人に関する電話を担当するのは人事の方か看護部の方だと思いますが、始業直後は忙しいからです。

そのような時間帯に電話をしてしまうと非常識な人だと思われてしまうかもしれません。 また、夕方17時頃も申し送りの時間帯である可能性が高いので、避けたほうがいいでしょう。

電話をかけたらまずは挨拶です。「お忙しいところ恐れ入ります。」から入り、「採用案内を拝見しました○○と申します。」と名前を伝えてから「担当の○○様をお願いします。」というように担当者の名前を伝えましょう。

携帯電話の番号が書かれている場合もありますが、その場合は「今お時間よろしいでしょうか」というように確認したほうがいいですね。

担当者が出たらこちらでも「お忙しいところ恐れ入ります。○○と申します。」と挨拶をし、「看護部門の採用案内を拝見いたしました。ぜひ応募したく電話させていただいたのですが」と続けましょう。

そのうえで、「○点ほど質問をさせていただいてよろしいでしょうか」と確認します。電話で質問するのを避けたほうがいいのは給与に関することです。これは経験によって金額が変わったりするので、電話で簡単に答えられる内容ではありません。

質問は2つほどに抑えておき、内容は面接の日時や入職に関することのみにしておいたほうがいいです。また、面接の時に確認すれば済むようなことはあえて電話をかけてまで聞いておく必要はないでしょう。